成魚までの育成

冬休みからでも大丈夫!?メダカ飼育の始め方とは??

冬休みにメダカ飼育を始めたいなら

一年の終わりが近づいてきましたね!

この記事にたどり着いたあなたは「冬休みを使ってメダカ飼育に挑戦してみよう!」

と思い、この記事にたどり着いたのではないでしょうか?

 

「温度が下がって、生き物が冬眠するこの時期に飼い始められるの?」

という質問も多くありそうですが、実はポイントを知っているだけで誰でも始める事ができるんです!

 

何度も越冬を経験している私が、寒い時期にメダカを飼い始める方法について解説していきます♪

(屋外で飼う前提でお話していきますが、室内の場合でも使えるポイントです)

メダカの越冬は簡単

そもそもメダカって冬を越せるの?

細くて小さな体。パット見た感じ、冬を越せるようなイメージはしませんよね…

でもメダカの越冬は想像よりも簡単。

 

ただ、さっきも言ったようにいくつか知っておくべき知識があります。

まずは野生のメダカの冬の過ごし方について知っておきましょう!

野生のメダカの冬の過ごし方

当然ですがメダカは魚類の仲間。俗に言う変温動物です。

周りの気温によって体温が変わってしまうので、急激な温度変化には弱い生物。

 

じゃあ、野生のメダカは冬になると絶滅??

それだけ聞くと、越冬できないでしょ。って思っちゃいますよね。笑

 

でも、実は冬でも水の中で問題なく過ごせています。

病気になっていたり弱っている個体は、冬を越せず死んでしまう場合もあるんですけどね…。

 

ただ、温かい時とは違って水温が15℃以下になると、メダカの活動量は減ってあまり動かなくなります。

エネルギー消費を避けるために、最小限の体温を維持して暖かい季節を待つ。いわゆる冬眠状態ですね♪

屋外で飼育しているメダカを死なせず冬眠させるには

上にもあったように、気温が下がるとメダカはじっと動かなくなる冬眠状態に入っていきます。

 

温度変化に耐えきれず命を落としてしまうメダカもいるので

屋外で飼育しているメダカを死なせずに冬眠させるためには少しだけ準備が必要。

 

まず最初にしたいのは、メダカに越冬できる体力をつけさせる事。

もちろん、冬に新しいメダカを家に迎えた方も遅くはありませんよ!

必見!越冬前のエサやりとは!?

夏が終わり秋になると、メダカにとっても過ごしやすい季節になります。

しかし、さらに気温が下がってくると、だんだんメダカの活動量は減少。

 

なので秋から冬にかけて必要なのは、エサの量を調整する事!

エサを与えすぎると食べ残しなどで水質が悪くなり、冬眠前のメダカにとって大きな負担になります。

 

エサを与える時間帯にも注意。

メダカの様子をみながら気温が上がる日中にエサをあげてください。

 

上記のようにエサを与えて体力をつけた状態で冬眠させることがポイントです。

後ほど、詳しく解説していきます♪

メダカを死なせない為のポイント

メダカが寒い冬を超えるために注意しないといけない事は、水温や餌だけじゃありません。

それは、普段から脅威となるメダカの天敵たちの存在。

 

冬眠状態のメダカにとって沢山の天敵がいても動き回れず逃げられません。

 

まず気を付けたいのは夏が終わり水換えをする時期に、水槽内の水生昆虫を駆除してあげること。

殺虫剤を使うわけにはいきませんので、手作業で根気よく取り除く必要があります。

 

水槽内でメダカを捕食してしまう水生昆虫が繁殖してしまわないように、日頃から観察しておくと良いですね。

 

これらの内容は屋外飼育の注意として、こちらにまとめてありますので一度目を通してみて下さい♪  

メダカの冬眠に必要な環境、冬支度・冬対策

さて、それでは実際にどのような物が必要なのか説明していきます!

 

まずは、飼育容器。理由については後述しますが、十分な水量が入る深めの容器が必要です。

また水草が適度にあると水温の低下を防いでくれますので、入れても良いかもしれません♪

 

寒さが厳しくなる東北や北海道の地方では、水槽を発泡スチロールで囲い寒さ対策するようです。

飼育に最適な容器は、こちらの記事で紹介しているので、ぜひご覧ください!

水深

水槽の大きさも大切。冬は浅い容器でメダカを飼育していると

気温が下がった日に水の深さが足りず、容器全体が凍ってしまう事があります!

 

容器全体が凍ってしまうと、メダカももちろん凍死してしまいます。

そのため深い容器に水を入れ、水面が凍っても水中で身動きがとれる環境を準備してあげて下さい。      

冬の間のエサやり

繰り返しになりますが、水温が15℃以下になるとメダカはほとんど活動しません。

消化器官の働きも弱っているので、エサを無理に与えないように注意してください!

 

雪が降り続ける地方であれば、雪解けまでエサは必要ありません。

雪が積もらない暖かい地域でも、晴れた日にエサを少しあげるだけで充分!

 

水面に上がってきて食べるようなら、1分以内に食べきる程の量を与えます。

水底でじっとしていて、エサに反応しない場合は与えないようにします。

 

室内で飼育している場合で、冬でもメダカが泳ぎ回っている場合は、エサを与えます。

しかし、夏ほどの量は必要ありません。

 

1分で食べきる量で構いませんし、活動量が少なめなら、1週間に1回。

1分以内に食べきるぐらいの量を与えれば十分です。

 

ちなみにこのような時期になると、餌によってかなり食いつきが違います。

おススメな餌をこちらにまとめているので、ぜひ参考にして下さい♪

冬の全滅に直結する餌のあげかた

何度も餌についてお話ししましたが、与え方は冬の間にメダカが全滅してしまう大きな理由になるからなんです。

 

水温が下がる冬は体温の維持にエネルギーを使い、消化能力も劣り食欲はどんどん低下。

過剰にエサを与えてしまうと、水槽内に沈殿して腐敗。

 

そのまま放置していると水質が悪化。

これって寒さに耐えているメダカにとって大きなストレスになるんです。

 

とはいえ、実際どれくらい与えれば良いかなんて分かりませんよね。

もちろん正解は無いのですが、夏を10とした場合で考えます。

 

春と秋の場合は大体5。半分くらいの量で大丈夫です。

冬は屋外でずっと水面が凍るような地方では0。餌は切ってしまってOK!

時々陽気な日があるような地方では1〜2ぐらい、室内で2ぐらいと考えてください。

 

メダカが必要とするエサの量は季節によって全然違ってきます。

食べ終わるまでどれぐらいの時間がかかるか?

ほとんど食べなくなっていないか?

 

メダカの変化に気をつけて、調整をしていきましょう!

水換えは必要ない

餌が腐敗して水が汚れたら死んじゃう!?

じゃあ、冬の方が定期的に水換えが必要!?

 

と、ここまでを読むと思いますよね!

でも、大丈夫。冬の間に水換えは必要ありません。

 

冬は水温が下がり、メダカの消化能力も下がっているので、エサを食べずじっとしています。

排泄物の量も抑えられているので、水槽中の汚れはほとんどありません。

 

逆に頻繁に水を換えてしまうと、夏場に増殖させたプランクトンを減らしてしまい、メダカの食料がなくなってしまいます。

 

また、メダカが水温・水質の急激な変化に耐えられず、体調不良になってしまう原因にも…。

「適切な餌やりができていれば」の話ですが、冬に水替えは必要無しです♪

ほとんど世話をしなくて良い

という訳で、極論で言うと冬の間はほとんどお世話は必要ありません。

強いて言えば、水槽の水量を観察して気温が高い日に蒸発してしまっていれば、足し水をする位。

 

冬の間はどちらかというと、心配になるかもしれませんがそっとしておいてあげるとメダカも安心して冬をしのげます。

ちなみに水も水道水捻って入れるとダメですよ!こちらを一読くださいね♪

まずは屋内飼育始めるのがおススメ!

冬にメダカを屋外で飼育するのは難しいと思った方もいるのではないですか?

そんな方は、無理せずに屋内飼育から始めることをおすすめします。

 

メダカの寿命は1年~2年ほどですが、屋内で飼育すると3年以上生きることも!

冬でも水温と日照時間を維持できる屋内飼育のほうが、初心者には始めやすいので自分に合った方を選びましょう♪

実は冬でも産卵する

実はメダカって条件を満たせば一年中産卵するって知ってました??

その条件とは…水温と日照時間。

 

23℃~26℃前後の水温と、10~13時間以上の日照時間が必要になります。

自然界でこの条件をクリアするのは、不可能と言っても過言じゃありません。

 

なので、どうしても冬の間でも産卵させたい方は、屋内で環境を整えてみても良いかもしれません♪

ちなみに水温を調整するにはこちらの方法を参照ください!

メダカの稚魚の越冬・冬眠について

残念ですが、稚魚の場合どうしても生存率は低くなってしまいます。

さらに体力がないまま越冬・冬眠を迎えると、間違いなく力尽きてしまいます。

 

そこで稚魚に対しては、いかに冬を迎えるまでに栄養を蓄えさせるかが重要なポイント。

水温が下がると、エネルギー消費を減らすためにエサを食べなくなってしまいます。

 

なので、暖かい季節や気温が上がる日中に、エサを与えて成長を促すようにしましょう。

何度も言いますが、命に直結する事なのでエサ選びは慎重にお願いしますよ!

 

とはいえ、稚魚がいる場合は室内飼育を積極的に検討した方が良いかもしれません。

メダカは氷がはっても生きていられる?

気温が下がり水面に氷がはってもメダカは大丈夫!

ただ、全ての水が凍ってしまう状態ではメダカまで凍ってしまうので死んでしまいます。

 

水面が凍っているだけならば、メダカは冬眠状態になり水中の底の方でじっとして動かなくなります。

でもよく見るとヒレが動いているのが分かるので、死んでません。ご安心を。笑

 

水中で動かないメダカは心配になるかもしれませんが、そっと見守るようにしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は冬休みから始めるメダカ飼育についてご紹介しました。

 

たしかにこんなか弱い魚が、寒い冬を越すことができるのか…??

と不安になる気持ちは分かります。

 

しかし、適切な方法で飼育をすれば間違いなく冬を越えて

暖かい春を迎えて、新しい命を育めるようになります。

 

しかし、相手は生き物。

それ以外にも細かい悩みやトラブルが出てくるでしょう。

そんな時は私の公式ラインへお悩みを送ってください。

 

あなたのメダカライフをより良いものにするために

全力でサポートさせて頂きます!

一人でも多くの方にメダカ飼育の楽しみを知ってもらって

そんな仲間たちと交流をしたいというのが私の理想です♪

 

もちろん料金などは一切発生しませのでお気軽にどうぞ!

 

「自慢のメダカを紹介したい。」

「めだかっこのとっておきメダカが見たい!」

なんて内容でも大丈夫ですよ!

 

私の記事が一つでもメダカ飼育のお悩み解決に繋がれば幸いです。

最後まで読んで頂いてありがとうございました!