成魚までの育成

【初心者必見】飼育歴5年以上の私が解説する成魚までの育成まとめ

この記事ではメダカを孵化させた後に

成魚へ育てるまでのポイントについてまとめました。

 

普段から使える知識やメダカの成長の段階に応じて

やっておいた方が良いことなどを書いているので

是非、一度は最後まで読んでもらえたらと思います。

大きさごとに個体を管理する

benihouryuutigyo

稚魚のうちは同じ容器でも全く問題ありませんが

2ヶ月頃から個体によって成長のスピードが違ってきます。

なので、大きさ別にメダカの容器を分けてあげましょう。

 

詳しくはコチラの記事で紹介しています。

medakatigyowakeru
メダカの稚魚を大きさ別に分けるのはなぜ?初心者にも分かりやすく解説メダカが卵から生まれて1ヶ月ほど経過すると、同じ親から生まれ、同じ時期に孵化した稚魚でも、大きさに差が出てきます。目に見えて差が出てきたら分けることが必要です。なぜ、大きさ別に分ける必要があるのかを解説します。...

意外と知らない水換えについて

aeration

メダカを飼っている水槽の水を変える。当然必要な事ですよね。

でも、それには頻度やおススメの方法があるって知ってますか?

 

実は飼育している場所や水温によっては

水替えをする頻度は全く変わってきます。

 

それに不十分なままだと、せっかく水を変えていても

清潔を保てずに最悪の場合、メダカが死に至るかもしれません。

 

コチラの記事で一度確認してみてください。

メダカ飼育での水換えの方法と回数を初心者にもわかりやすく解説メダカはどれくらいの頻度で水を換えればよいんだろう…。はじめは、分からないものです。今回は、メダカの水換えについて、初心者にも分かりやすく書いてみました。...

水質を管理する

omitanomizu

綺麗な状態で飼育することはもちろんですが

実は細菌が水の中にいることでさらに良い状態の水質になります。

 

その正体とはズバリ「バクテリア」

できるだけメダカが過ごしやすい状態をキープできるように

他にも水の事についての詳細はコチラ!

メダカにきれいな水はNG!?【最適な水作りとは】メダカ飼育を始める時に水つくりはしていますか?メダカの水を作ってから飼育するのとしないのとでは、その後のメダカに大きく影響が出てきます。初心者向けにメダカの水つくりについて書きました。...

混泳について

kingyotomedaka

最後は意外とよく見る混泳について。

今のところ金魚、ドジョウ、エビについて解説しています。

 

結論としては、エビ以外はあまりおススメできません。

詳細については下記よりどうぞ。

メダカとドジョウ!大きさが違うけれど混泳できるのかを解説!メダカとドジョウ。見た目は大きさは全く違います。しかし、元は同じ川の魚。なので、混泳できます。しかし、注意点がいくつかあります。今回は、メダカとドジョウの混泳について書いてみます。...
medakatokinngyokonei
メダカと金魚!混泳で飼育はできるのかを初心者向けに徹底解説メダカと金魚、混泳で飼育したいなと思うことがあるかもしれません。混泳は可能ですが、決してオススメできません。なぜ、おススメでいないのかを、解説していきます。...
medakatoebi
メダカとエビは混泳OK!?実はおススメの種類を紹介メダカとエビを一緒に飼っている所をよく見かけますよね。あれって実はすごく良い効果があるんです。この記事ではそのおススメの理由と一緒に飼うべきエビを解説しています。...

他にも細かいことがたくさん!

himedaka

いかがだったでしょうか?

実際に小さいメダカから飼い始めたときには

色んな事に気を使ったり、分からないことが沢山あると思います。

 

このブログの中からお悩みが解決できるような

記事を探して頂いても良いのですが

 

一番手っ取り早いのは直接めだかっこに聞いてみる事!

公式ラインならどなたでも気軽に質問して頂けます。

 

分からないことがあればお気軽にどうぞ!