メダカの屋内飼育

メダカにきれいな水はNG!?【最適な水作りとは】

メダカを飼い始めてすぐに全滅してしまった。

そんな声を聞いたことがあります。

メダカは迎えた当日に水槽立ち上げしても飼育可能です。

ただ、小さな体なので、環境の変化に敏感。

飼育前のひと手間、メダカの水つくりをすることが大切です。

 

めだかっ娘
めだかっ娘
メダカの水つくりって何をしたらいいの?

メダカの水つくりと聞いても、初心者さんには、分かりにくいかもしれません。

今回は、メダカの水つくりについてみていきましょう。

メダカの水の作り方

メダカを飼う前にすることの1つに、水つくりがあります。

メダカは、飼育しやすいですが急な環境の変化には弱いです。

少しでも長くメダカと一緒に過ごせるよう、水つくりをしましょう。

飼育容器の立ち上げ

darumamedakasuisou

写真は、室内飼育している我が家の水槽です。

メダカを入れる前に、飼育容器の立ち上げは必須です。

飼育容器の立ち上げとは、メダカのお家づくりです。

 

冬季室内で飼育する場合、

  • エアレーションか水流が作れる装置
  • ヒーター

これが最低限必要になります。

私はそれ以外に、底砂をカップに入れて置いてます。

これは、バクテリアが住むための場所になります。

メダカ飼育の水とは

kumiokinomizu

メダカにとって水は、命です。

観賞魚の中でもメダカの水は軽視されがちです。

しかし、水質でメダカが変わります。

キレイな水で飼育しましょう。

しかし、水道水を直接使う事はやめてください。

一晩汲み置きしてカルキを抜いた水を使う

水道水に含まれる塩素がメダカには有害なので、汲み置きをしてカルキを抜きましょう。

バクテリアを入れる

bakuteria

メダカは、きれいな水が大切ですが、その水質を保つことも必要です。

ここで活躍するのがバクテリアです。

バクテリアが、有害なものを食べてくれて、害の少ないものに変えてくれます。

これが生物ろ過の仕組みです。

 

バクテリアは、多孔質に石に住み着きやすいです。

石を敷くなど、バクテリアが住める場所を確保する必要があります。

バクテリアを活用し、きれいな水を保ちましょう。

過密飼育はNG

nedakasuisou

メダカは小さな魚なので、必要な水量も少量で良いように思ってしまいます。

メダカが快適に生活できるようにするためには、過密飼育は避けて下さい。

メダカ1匹に1リットルの水

これを基準に容器を準備することが好ましいです。

とはいえ、なかなか大きな場所を確保できない。

そんな場合は、一度にたくさんのメダカを迎える事はやめましょう。

卵を産ませたい時の水つくり

houranmedaka

メダカ飼育していると、増やしてみたいと思うようになります。

繁殖は、比較的容易な観賞魚です。

 

しかし、どうしても、卵を産んでくれない、、、。

そんな時、私が使うアイテムがあります。

「テトラ メダカ産卵繁殖用水つくり」です。

 

これで、産卵をしてくれなかったメダカが産卵を始めてくれました。

生き物なので、絶対はないですが、どうしようもなくなったときは試してみて下さい。

メダカの水の作り方【まとめ】

今回は、メダカ飼育初心者さんに向け、最低限の水つくりについて書いてみました。

上級者さんから見ると、まだまだ補足はあるかと思います。

メダカ飼育に、正解はありません。

 

自分のメダカに合った飼育方法をすることが一番です。

メダカ飼育に困ったら、メダカ飼育のベテランさんに質問してみて下さい。

たいていの方が、やさしくアドバイスくださいますよ。

ちなみに、メダカに最適な環境はコチラにまとめています!

 

もしメダカ飼育の事で分からない事があれば

私の公式ラインへお悩みを送ってください。

 

あなたのメダカライフをより良いものにするために

全力でサポートさせて頂きます!

一人でも多くの方にメダカ飼育の楽しみを知ってもらって

そんな仲間たちと交流をしたいというのが私の理想です♪

 

もちろん料金などは一切発生しませのでお気軽にどうぞ!