メダカの屋外飼育

メダカの冬眠!屋外飼育での冬に向けての準備を徹底解説!

medakanotoumin

メダカは冬になると冬眠をします。

冬になり、水温が下がる事で冬眠に入ります。

めだかっ娘
めだかっ娘
メダカの冬眠中はどうしたらいいのかな?

 

春から秋にかけての活動期とは違い、メダカの冬眠の準備や冬眠中の注意点があります。

個体差がありますが、水温が5℃以下になると、冬眠に入ります。

冬眠明けまでは、ジッと水中で春が来るのを待ちます。

メダカが屋外でも越冬できるよう、環境を整える必要があります。

今回は、メダカの冬眠についてみていきましょう。

メダカの冬眠について

メダカのが冬眠するために、私たちが準備することって何だろう。

冬眠中に注意することってどんなことだろう。

ここでは冬眠について解説していきます。

メダカが冬眠する時期

nedakasuisou

屋外飼育のメダカは、地域により多少の差がありますが、11月~4月の期間冬眠に入ります。

水温が5℃以下が目安です。

冬眠中は、仮死状態になり、動かないです。

しかし、よく見てみると、微妙にヒレが動いています。

これが冬眠中のメダカの動きです。

メダカの冬眠のための準備

himedaka

メダカは、秋になり、水温が下がってくると、徐々に活動が鈍くなります。

それに合わせ、エサの量や回数も減らし、消化の良い、低脂肪のエサに切り換えます。

水温が10度以下になると、ほぼエサを食べなくなるので、エサ切りをします。

屋外で冬眠させる場合は、飼育容器にも注意しましょう。

凍結してしまうと命を落とします。

 

飼育水を凍らせないように、容器を発泡スチロールにしたり、たくさん水量が入る容器を使用しましょう。

寒暖差にも弱いので、直射日光は避け、できるだけ、1日を通して、寒暖差の少ない場所に容器を置いて下さい。

メダカの冬眠中の注意点

samuimedakaメダカの冬眠中に注意することを上げてみました。

 

エサやりをしない

メダカは、冬眠するとエサを食べなくなります。

冬眠が終わるまでは、エサやりをしないでください。

食べない時期にエサを容器に入れると、水質悪化の原因となってしまいます。

 

水換えをしない

冬眠中は、仮死状態のため、動かさないで見守りましょう。

小さな体なので、水換えをして、負担を与えると弱ってしまいます。

 

外敵に注意

メダカの冬眠中は、活動期よりも体力が低下しています。

ヤゴなどの外敵が容器に紛れ込んでいても、逃げられないです。

容器内は、まめにチェックしましょう。

 

水温が0℃を下回らない

メダカは、冬眠しますが、水温が0℃以下になると、寒さに耐える事ができません。

水量を多めにして、発泡スチロール容器を使うなど、寒さ対策をし、水温が0℃以下にならないように注意が必要です。

メダカの冬眠【まとめ】

メダカは冬眠する魚です。

冬眠ができるように環境を整えてあげないと、冬の間を生き抜く事ができません。

準備をしっかりして、冬眠に備えましょう。

春になり、水温が上がると、メダカが動き出します。

 

冬の間、エサを食べてなかったので、たくさんエサを食べます。

春までしばらくは、静かに見守っていてください。

皆さんのメダカ飼育の参考になれば、幸いです。

 

他にも屋外飼育の事についてはコチラの記事で紹介しています。

 

もしメダカ飼育の事で分からない事があれば

私の公式ラインへお悩みを送ってください。

 

あなたのメダカライフをより良いものにするために

全力でサポートさせて頂きます!

一人でも多くの方にメダカ飼育の楽しみを知ってもらって

そんな仲間たちと交流をしたいというのが私の理想です♪

 

もちろん料金などは一切発生しませのでお気軽にどうぞ!