底砂

メダカの底には砂利が必要??効果と種類を徹底解説

medakanosokosuna

メダカを購入したら、店員さんに底砂もいりませんかとすすめられることがあります。

底砂なんて必要ない!と思うかもしれないですが、じつは重要なんです。

メダカは、底砂がなくても生きていけます。

しかし、管理がとても難しい場合があります。

せっかく迎えたメダカと長く一緒にいたいですよね。

適切な底砂を選び、楽しいメダカライフにしましょう。

今回は、底砂についてみていきます。

メダカ飼育になぜ底砂が必要なのか

めだかっ娘
めだかっ娘
メダカ飼育に底砂が必要って聞いたけど、どうしてなのかな?

底砂には、色々な効果があります。

目的に合った底砂を使用することで、良い環境づくりができます。

バクテリアを定着、繁殖させる

バクテリアには、メダカに有害な亜硝酸やアンモニアを分解するはたらきがあります。

底砂は、バクテリアの定着や繁殖の場所として最適です。

底砂を敷くことで、生物ろ過の効果も期待できるのです。

水を安定させるには底砂は必須アイテムといえます。

水質を保つ

底砂には、いろいろ種類があります。

中には、有害なものや汚れを吸着してくれるものがあります。

そのような底砂を使うことで、水質悪化を防ぐ事が可能です。

汚れを吸着した底砂は、定期的に洗うか交換してください。

また、水にはpH値があります。

中性はpH7.0と示されています。

pH7.0よりも数字が小さくなると酸性、数字が大きくなるとアルカリ性になります。

メダカ飼育に適したpH値は6~9の間であれば問題ないです。

pH値とメダカ飼育は密接な関係があります。

pH値の急激な変化はペーハーショックと言い、めだかの命に直結し、大変危険です。

底砂には、pH値を一定に保つ=水質を保つ役割があります。

pH値をコントロールするために底砂を追加する時は、一度に大量に居れてはいけません。

pH値を測りながら少しづつ足していきましょう。

メダカの色をきれいにする

youkihimedaka

メダカには保護色という機能があり、住んでいる環境の色や明るさで、体色が薄くなることがあります。

色抜けを防ぐには濃い色の環境での飼育が必要なので、黒い底砂がおすすめです。

メダカの体色は多種あります。

黒い砂で飼育すると、全く見えなくなる体色のメダカだと観賞できなくなってしまいます。

メダカの色に合わせた底砂を選ぶと良いでしょう。

水草を育てる

水草は植物です。

底砂が無くても、ショップ等で販売されている鉛を巻いた状態で沈めておくことも可能です。

しかし、鉛部分からの傷みが早くなります。

底砂を敷くことで、水草を植える事ができます。

その後、水草は砂の中に根っこを伸ばしていきます。

新しい葉を出してくれる水草もあります。

水草育成にも力を入れたいときには、水草の肥料入りの底砂を選ぶと良いでしょう。

メダカ飼育の底砂の種類

ここからは、底砂の種類と特性を見ていきましょう。

ソイル

ソイルとは、養分を含んでいる土を加工したものです。

原料が土なので、ソイルそのものを洗うことはできません。

洗えないことを知らずに洗ってソイルが潰れてしまったという話もあります。

容器に入れた直後は落ち着くまで水が濁ります。

濁りがおさまったら、あとはあまり触らないようにします。

様々な種類のソイルがありが、一般的には弱酸性~中性のものが多いです。

養分が入っているので、バクテリアの発生を促す効果が期待できます。

また、水草を育てていくのにも、おすすめです。

しかし、養分が入っていることで藻が発生しやすくなってしまいます。

ソイルの養分がなくなったり、粒が崩れてきたら交換する必要があります。

交換時期は種類や環境によって異なります。

製品のパッケージに記載されている期間を参考にすると良いでしょう。

 

田砂

田砂は、土から砂だけを取り出した天然の砂です。

自然な色合いをしているため、飾り砂を目的として利用することが多いです。

ソイルとは違い、形が崩れることはなく、汚れたら洗うこともできます。

使用前には、しっかりと洗ってから容器にセットしましょう。

 

大磯砂

昔、神奈川県の大磯海岸で採取されていたことからついた名前です。

角があるためメダカの体に傷がつくことがあります。

通気性が良く水質が悪化しにくいのが特徴です。

安価で入手でき、汚れたら洗えるので、一度購入すれば買い替えの必要はありません。

色は暗めなので、メダカの体色を引き立ててくれます。

使用前には、しっかりと洗ってから容器にセットしましょう。

 

ゼオライト

ゼオライトには、水中のにおいの物質を吸着する働きがあります。

加工製品のため効果が落ちてきたら交換の必要があります。

臭いの気になる場所で飼育するにはおすすめです。

交換のタイミングは環境により異なりますが、1年前後が目安です。

使用前には、しっかり洗ってから容器にセットしましょう。

交換するまでに、汚れを吸着したゼオライトは定期的に洗うことをおススメします。

 

赤玉土

メダカ用と言うよりは、主に園芸用ととして販売されている土です。

原料が土なので洗えません。

また、粒が崩れやすいため、容器に入れたらあまり触らないようにして下さい。

酸性~弱酸性のため、長期飼育には不向きです。

園芸用として販売されているだけあり、水草を育てるには向いています。

アクアリウム用のその他の砂より、価格は高いです。

メダカに適さない成分が入っていないか充分注意し、純粋な赤玉土を選んで下さい。

 

化粧砂

水槽全体を飾り付ける観賞に重点を置く時には、化粧砂を使うとよいでしょう。

大きさや色が豊富なので、メダカと砂のコーディネートがしやすいです。

汚れたら洗うことができ、粒が崩れる心配もありません。

しかし、ソイルのように養分が入っていたり、ゼオライトのように臭いの吸着効果は全くありません。

使用前には、しっかり洗ってから容器にセットしましょう。

めだか飼育に使う底砂のまとめ

底砂は、メダカをどのようにして飼育したいか、目的に合った砂を選ぶことが大切です。

商品説明をを読まないまま、見た目だけで底砂を購入してしまう方もあるようです。

ソイルのように、洗ってはいけない砂を洗って、粒が割れて無くなってしまうこともあります。

それぞれのメリットとデメリットをしっかり理解したうえで使用するようにしましょう。

水つくりができる上級者さんは、底砂を使わないベアタンクという飼育方法をされている方もいらっしゃいます。

ちなみに私のおススメする底砂はコチラにまとめています!