メダカグッズ

メダカのタマゴ管理に使うメチレンブルーはどこで手に入る?

metirenbule

2020年の春頃から、メチレンブルーがなかなか手に入らない状態が続いてます。

メチレンブルーは、メダカのタマゴを水カビを防ぐために使用することがあります。

ショップに行ってもネットでも売り切れ続出だったメチレンブルーですが、最近少しづつ出回ってきました。

メチレンブルーの代用品も出てきています。

冬季加温飼育をしていると、その期間も産卵は続きます。

そうなると、メチレンブルーが活躍します。

しかし、11月になっても、見つからないというコメントも見かけます。

今回は、めだかっ娘の独自調べではありますが、現在取り扱いのある商品を公開します。

メダカ用品!めだかっ娘が使うネット購入可能なおススメグッズまとめ

https://medakakkonoheya.com/medakayouhinnmatome/

メダカのタマゴ管理に使うメチレンブルー

メチレンブルーって、商品名に書いてあるものと、そうでないものがあります。

商品の裏面を見ると成分にメチレンブルーと記載のある物もあるんです。

ここからは、メチレンブルーの卵管理や私の使うものを紹介していきます。

現在ネットで販売してるものも載せておきます。

メダカの採卵!卵を発見してから孵化までの卵の管理方法を解説

medakasairan
メダカの採卵!卵を発見してから孵化までの卵の管理方法を解説メダカの卵を見つけたら、採卵をします。卵は放置しておくとカビが生えてしまいます。メダカの採卵から孵化までの卵の管理を分かりやすく解説していきます。...

メダカのタマゴ管理

medakanotamago

写真は、我が家で採卵したメダカのタマゴです。

この写真を見ると、あれ?っと思うかもしれません。

水が透明です。

メダカの卵って、よく見る画像では、ブルーの水に入ってます。

ブルーの水は、メチレンブルーが入った水です。

この時の卵は、水道水で管理していたので、水が透明なのです。

夏場、私はカルキ抜きしてない水道水を1日2回水換えして卵管理していました。

特に水カビの発生もなく順調に孵化させていました。

水道水の塩素がカビ予防になっていたのです。

しかし、室内加温で同じことをしてみたら、間もなく水カビが発生しました。

10月から、室内管理している卵は、全てメチレンブルーで管理しています。

環境により水道水での卵管理には限界がありました。

私の使うメチレンブルー

greenfrikid

写真は、私が使うメチレンブルーです。

商品名は『グリーンFリキッド』です。

成分にメチレンブルーが入っています。

卵管理には、数滴で充分なんで1本あれば長持ちします。

この製品が春先、かなり品薄となっていました。

現在は、ネットショップでも在庫がある状況のようです。

私が使う以外の卵管理用品いろいろ

ニチドウから販売されているメチレンブルーは、在庫があります。

しかし、1000mlと、かなり量が多いです。

メダカをたくさん飼育されている方にはおススメです。

ジェックスからは、卵、稚魚を守る水が、販売されています。

小さなサイズなので、気軽に購入できます。

メダカのタマゴ管理で使うメチレンブルー【まとめ】

今回、記事を書くにあたり、かなりのネットショップを探してみました。

結果、2020年11月14日現在、まだまだ品薄が続いていることが分かりました。

私はアクアリウム用品は主にネットショップで購入します。

地域のアクアリウム店で動物医薬品を置いているショップであれば、簡単に入手できる可能性もあります。

この投稿を見た時には、既に売り切れてしまっている場合もあります。

メチレンブルーの代用品も販売されていますので、検討してみて下さい。

皆さんのメダカ飼育の参考になれば幸いです。