雑学

メダカの自由研究は”簡単で面白い色揚げ”で決まり!【解説付き】

こんにちは。

メダカの飼育歴5年以上。中学生の男の子と暮らしているめだかっこです!

 

実はメダカって自由研究の人気者なんですが

「何を研究すればいのか分からない…。」

という悩みも多いんですよね。

 

「飼育日記みたいになってしまう」

「面白いけど子供が出来る内容じゃない」

「ポピュラーな産卵や孵化はそんなすぐにはできない」

 

こんな悩みをすべて解決できる研究内容があるんです!

それが今回紹介する「色揚げ」

 

小学生から中学生まで親子で楽しみながらできるので、ぜひ今年の題材にしてみてください!

記事の通りにメダカの飼育をしていけば、あっという間に自由研究は完了です♪

メダカの自由研究の前に色揚げって?

そもそも「メダカの色揚げ」ってご存じですか??

普段耳にすることは少ないと思いますが、体の色が濃くなっていく事を「色が揚がる」と言います。

 

つまり、「飼育しているメダカのの色をどんどん濃くしてみよう!」

というのが今回の研究内容です。

 

「そんなの素人でもできるの?」って声が聞こえてきそうですね。

でも大丈夫。早い時には3日。1週間あれば誰だって必ずできます!

 

ただし、いくつかの条件が必要なので順番に説明していきますね!

自由研究で色揚げしたメダカ

kouteimedakatigyo

これは実際にうちの子が小学校の時に自由研究で色揚げをした写真です。

種類は我が家で飼育している皇帝メダカ。

(実際にはもう少し色が赤いのですが、スマホで移すとイマイチ)

 

ちなみに今回の方法で、当時小学生だったうちの息子でも問題なく成功しました!

次から飼育の始め方と色揚げの仕方・研究のまとめ方までを解説していきたいと思います。

メダカの自由研究~飼育準備~

nedakasuisou

まずはメダカを飼育するために必要なものをまとめてみました。

  • メダカ
  • 水槽
  • 水草
  • 砂利
  • エサ

詳しくはコチラの記事で紹介していますが、すぐに始められるセットを抜粋してみました!

全部ポチってもホームセンターやショップよりも安いので、パパッと準備してしまいましょう♪

メダカ

himedaka

まずは一番大切なメダカ。おすすめはヒメダカ。

理由としては”安価”で飼育初心者に最適だからです。

 

「生き物を通販で買うって、郵送でも大丈夫!?」

という声も聞こえそうですが、基本的に私だけでなくブリーダーも売り買いは郵送です。

 

念のため、到着の予定日は他のグッズがそろってからにしましょうね!

ちなみにさらに綺麗な色を出したいなら、我が家と同じコチラがおススメ!!

水槽

purabune

後述しますが、色揚げは屋外で黒い容器を使うのが最適。

 

なので、自由研究でおススメの水槽はコチラ!

サイズも複数選べて、観察のしやすさもバッチリ!

デザインもシンプルなので、水草などのレイアウトとの相性も抜群です!

ちなみに室内を望まれる方はこの「キューブ型」が最もおススメです!

水草

matumo

実は水草は飼育に絶対必要なものではありません。

でも、レイアウトを飾るのには必須のアイテムですよね。

 

中には増えすぎたりお世話が必要な物もあります。

なので、私がおススメしているのはこの”アナカリス”です。

 

水槽の中にいるだけで、世話をしなくても元気に育つ優れもの!

価格が非常に安価なのもおススメなポイントです。

底砂

jyari

底砂は水草を植えたりバクテリアの住処になるので、できるだけ敷くようにしましょう。

飼育の目的によって細かく選ぶ人もいますが、管理しやすい物がおススメ。

 

圧倒的にコスパが良いコチラを選んでおけば問題ありません。

エサ

medakanoesa

実はメダカの色揚げはエサ選びがかなり重要。

各メーカーから専用の物が販売されるほど、体色に大きな影響があります。

 

たまに相談されることがあるのですが「お店で買ったら数日で色が変わった」

というのは基本的にエサで色付けをしていたのが原因。

 

なので、実際に私が飼育してきた中で効果が高かった物を紹介します!

具体的な色揚げの方法

iroagehikaku

こちらは色揚げする前後の比較写真です。

ご覧の通り、まったく違う色になっていますよね!

 

「本当にこんなに色が変わるの?」

と不思議に思うのも分かりますが、このポイントを守れば絶対に変わります。

色揚げ最大のポイント

1.太陽の光をたくさん浴びせる

2.色揚げ用のフードを与える

3.黒い容器で飼育をする

順番に解説していきますね。

1.太陽の光をたくさん浴びせる

メダカは太陽の光をたくさん浴びることで、体色が濃くなります。

これは人間が日焼けするのと同じメカニズム。

 

紫外線を浴びるとメラニン色素が作られ、メダカの体色が濃くなり色が揚がってくるんです。

なので、できるだけ屋外で飼育することがおススメです!

2.色揚げ用のエサで飼育をする

iroagefood

先ほどもお伝えしましたが、メダカはできるだけ色揚げ用のフードで飼育しましょう!

とはいえメダカも好き嫌いがあるので、万が一食べが悪いときは変えてもOKですが、一つだけ注意。

 

エサで色揚げをしたメダカは、エサを変えると色が抜けてしまいます。

もし、研究の途中で餌を変える時には十分注意してください。

 

ですが、エサの種類で体の色が変わっていくというのも研究としては面白いですよね!

容器を分けて餌ごとに色の変化を見てみるのも良いかもです♪

3.黒い容器で飼育する

メダカには自然界で身を守るために体色を変える機能があります。

この特性を利用することで、さらに色を濃くしていく事ができます。

 

「白い容器や透明容器で飼育したら色が変わらないの?」

という疑問があるかもしれませんが、そんな事はありません。

 

ただし、同じ赤でも淡い色になります。

逆に黒い容器で飼育するとより濃い赤にしていくことができます。

 

これもエサと同じようにグループ分けして飼育すると面白いですよ!

あとは記録をつけていけましょう

note

色揚げは早いもので3日。1週間もあれば十分に変化が見られます。

なので、必ず毎日写真を撮っておきましょう!

(半日ずつでも良いかもしれません)

 

ちなみに、撮影の時にはこのような容器で全体を映すようにしましょう!

medakaosu

まとめ方の例

1.メダカの種類

2.飼育環境

3.使用したエサ

この3つを記録して写真を加えれば、研究はほぼ完了♪

さらに工夫したい方は下記を参考にどうぞ!

一味違う自由研究にするために

asanosuisou

ただ色が変わっていくだけでは面白くない!

そんな方にはもう一工夫するためコチラの方法がおススメ!

 

メダカを複数のグループに分ける

色の変わり方をさらに細かく把握するために複数にグループ分けします。

Aグループ 屋外飼育  黒い水槽  色揚げフード
Bグループ 屋外飼育  透明な水槽 色揚げフード
Cグループ 屋内飼育  黒い水槽  普通のフード
Dグループ 屋内飼育  透明な水槽 普通のフード

 

色の上がり方の変化を記録

この4つのグループを個別に観察していくと、色の変化がかなり分かると思います。

個体によっては色の変化が違うので、同じ個体を記録するようにしましょう!

ちなみに、有名なブリーダーさん達は「自分のだけの色」を求めて日夜研究しています。

 

自分が好きな色に揚げるにはどうすれば良いのか?

他には無いオリジナルの体色を求めるのも楽しいですよー!!

メダカの自由研究をコンテストへ応募してみよう

株式会社キョーリンさんでは、メダカをはじめとする水辺の生き物についてのコンテストを開催されています。

このコンテストでは、入賞者には賞金が…!

 

他にも、地域ごとにいろいろイベントが開催される時期です。

入賞を狙って色んな工夫をこなした研究をしてみましょう!

応募はコチラ!

メダカの自由研究【まとめ】

メダカの自由研究は夏休みの間にできるものが、一番理想だと思います。

なので、今回は色揚げを中心に研究の提案をしました。

 

しかし、当然ですがメダカは生き物。

研究が終わったら飼育していく事になります。

 

冬を越したら春には新しい命が生まれる時期。

その過程を記録しておけばまた来年の自由研究にも活かせます。

 

分からない事があれば、私の5年間の飼育経験を詰め込んだロードマップを参考にしてみてください!

【ブックマーク必須!】0から始めるメダカ飼育の完全ロードマップ「メダカの飼育を始めたい!」「今メダカを飼っているけど、これで大丈夫かな?」これから飼育を始めたい方やすでに飼っているけど、今のやり方が正しいか分からない。そんなあなたの悩みを解決するために、5年間の経験や先に知っておいた方が良かった内容などをまとめました。...

それでも、メダカ飼育の事で分からない事があれば

私の公式ラインへお悩みを送って頂ければ全力でサポートさせて頂きますので、ぜひ活用してください!

一人でも多くの方にメダカ飼育の楽しみを知ってもらい、仲間たちと交流をしたいというのが私の理想です♪

 

もちろん料金などは一切発生しませのでお気軽にどうぞ!

 

それでは、楽しい夏休みを~

最後まで読んでい頂いて、ありがとうございました!!