メダカの屋外飼育

メダカをボックスで飼おう!【屋外飼育におススメなのはコレ!】

メダカは、魚類でも数少ない屋外飼育が可能な魚です。

しかし、水量は重要です!

少ない水でたくさんのメダカを飼育すると、過密飼育になります。

過密飼育は、酸素が足りなくなったり、水の汚れが早くなったり、成長にも影響が出てきます。

 

メダカの数にあった大きさの容器選びをしましょう。

屋外といっても環境がいろいろです。

お庭、ベランダ、ガレージなど…。

お庭だとインテリア一部にしたいとか、ベランダだと狭いスペースに効率よく並べたいとか、思うことは様々です。

見た目重視か機能重視か、悩むところでもあります。

 

めだかっ娘
めだかっ娘
めだかを外で飼う時の容器って何がいいんだろう?

目的や場所により、飼育容器も変わってきます。

メダカの屋外飼育での容器についてみていきましょう。

屋外飼育容器の種類と特徴

飼育容器準備のポイント

メダカ1匹に1リットルの水

メダカに必要な水の量が分かったところで、おススメの容器を紹介していきます。

睡蓮(スイレン)鉢、水鉢

suirenbati睡蓮鉢は、お庭や玄関のインテリアとして、人気の容器です。

メダカ飼育専用のものも販売されており、陶器のものだと割らない限りは長持ちします。

丸い形だけでなく、スクエアタイプのものや、深型、浅型と種類も様々です。

水草を入れてビオトープを作ったりして、見た目重視であれば、おススメの容器です。

 

 

しかし、陶器だと、ほかの容器に比べて値段が高いです。

見た目重視だけど値段を抑えたい場合は、プラスチック素材のものを使うとよいでしょう。

発泡スチロール

happousutirouru 発泡スチロールは、安価で入手できるのが魅力です。

屋外では1年を通じて気温の変化が激しいことが考えられます。

発泡スチロールは保温や断熱に優れているので安心です。

しかし、長期使用での劣化や日光により傷みが出るというデメリットがあります。

雑な扱いをすると穴が開くこともあります。

メダカには保護色機能があり、飼育の環境によって、色が抜けてしまいます。

白い容器で飼育すると体色が抜けやすくなります。

発泡スチロールは白いものが多いので色抜けすることを理解したうえで使用しましょう。

 

 

メダカ飼育専用の黒い発泡スチロール容器も販売されています。

メダカの体色の色抜けが気になるときには、黒い発泡スチロールを使いましょう。

NVボックス

boxsetネットショップやホームセンターなどで販売されている工具箱です。

丈夫で安価、積み重ねもできます。

小スペースで多種のメダカを飼育する時にオススメします。

 

 

めだかっ娘
めだかっ娘
私はこの容器を使ってるよ!

見た目は工具箱なのでおしゃれに演出したいときには不向きです。

断熱や保温の機能もありません。

保護色のことを考えると黒のNVボックスを使うとよいでしょう。

雨で水が溢れてしまわないように、水を逃がすように加工して使うこともできます。

プラ舟、トロ舟

purabune左官業でコンクリートを混ぜたり、農家で野菜洗いに使用されている大きな容器。

こちらもネットショップやホームセンターで安価に入手できます。

とにかく大量にメダカ飼育がしたい、広い場所が確保できる。

そんな人にはおススメです。

 

 

NVボックスと同じく、断熱や保温は期待できません。

様々な色が販売されていますが、保護色を優先するのであれば、黒を選ぶことをおススメします。

大容量なので、水替えにはかなり時間がかかります。

めだか屋外飼育容器のまとめ

飼育容器といっても、種類は豊富です。

どんな場所でどのような飼い方をしたいかにより、使う容器は変わってきます。

飼育場所を決めてから容器を選ぶと良いと思います。

 

また、メダカ飼育にどれだけ時間を使えるかも容器を選ぶ際には重要なポイントです。

大きな容器を使ったり、数多くの容器を使うと、水換えや水つくりなど、メンテナンスの時間もたくさん必要です。

場所や時間、金銭面など、総合的に判断して、自分に合った容器を見つけてみて下さい。

他にも屋外飼育の事についてはコチラの記事で紹介しています。

 

もしメダカ飼育の事で分からない事があれば

私の公式ラインへお悩みを送ってください。

 

あなたのメダカライフをより良いものにするために

全力でサポートさせて頂きます!

一人でも多くの方にメダカ飼育の楽しみを知ってもらって

そんな仲間たちと交流をしたいというのが私の理想です♪

 

もちろん料金などは一切発生しませのでお気軽にどうぞ!