メダカの病気

ある日突然目が飛び出した!メダカのポップアイってどんな病気なのか

popeye

メダカ飼育を始めると、毎日、メダカの様子が気になって仕方ないという人が多いです。

ある日、メダカの目が、出目金のように飛び出していた。

こんな経験はありませんか?

これは、「ポップアイ」という、病気の可能性があります。

めだかっ娘
めだかっ娘
メダカのポップアイってどんな病気なの?
メダカくん
メダカくん
メダカの目が飛び出す病気だけど、きちんと治療すれば治るよ。

めだかっ娘は、まだ、ポップアイのメダカが出てきたことはありません。

今回はポップアイの事例をもとに、原因や治療の仕方を見ていきましょう。

メダカのポップアイ

ポップアイってどんな病気?

demekin画像は、出目金でイメージとして掲載しています。

皆さんの話を聞いていると、ある日突然、メダカが出目金になってしまったのか?と思うほど、目が飛び出るそうです。

ポップアイは、エロモナス菌に感染して発病すると言われています。

エロモナス菌は、いつも水の中にいる常在菌です。

メダカが元気であれば、常在菌との中で生活していても影響はありません。

しかし、何らかの原因で、メダカの抵抗力が落ち、抵抗力が弱くなってしまうことで、菌に感染し発病するのです。

目に見えてわかる症状は、目の飛び出しですが、体全体に菌が広がっており、目が取れてしまったり、命を落とすこともあります。

早期発見、早期治療が復活へのカギとなります。

エロモナス菌に感染する3つの原因

bakuteriaメダカを適切に飼育できていたら、元気な状態を保てるため、エロモナス菌に感染するリスク低いです。

感染の大きな原因3つを紹介します。

  1. 水換えを怠ったために、水質が悪化した。
  2. 容器の大きさや水の量とメダカ飼育数が不釣り合いで、過密飼育になっている。
  3. メダカたちの性格が合わずに喧嘩してしまい、負傷している。

このような原因考えられます。

いづれにおいても、水槽の見直しが、ポップアイを発病させない近道です。

特に、夏場は水温が高くなりがちで水が汚れるスピードが速くなるため、他の季節と比べると、水換えの回数を増やす必要があります。

産卵シーズンになると、数が増えすぎて、過密飼育になりやすいです。

稚魚が増えても慌てなくて良いように、あらかじめ予備水槽を立ち上げておくとよいでしょう。

メダカは、体格別に選別が必要です。

人と同じように、個々に成長速度が違うため、定期的に選別することで、喧嘩しにくくなるので、同じくらいの大きさのメダカ同士、部屋を分けておきましょう。

メダカの屋外飼育!ブリーダーさんから教わった飼育容器のセット方法!メダカの屋外飼育を始めるとき、まずは水つくりから始めましょう。しっかり水質が整った水の中で飼育する方が丈夫なメダカが育ちます。今回は、私が実際行った飼育容器のセット方法を紹介します。...

ポップアイになった時の対処法

kusuriポップアイは、メダカだけでなく金魚も感染することがあるようです。

メダカも金魚も対処法としては、対象の個体を隔離して、塩浴や薬浴が有効とされています。

塩欲には、食塩は使ってはいけません。アクアリウム用の塩を使いましょう。

薬浴には、グリーンFゴールドが使われることが多いようです。

メダカは金魚より体が小さく、早期発見できなければ、抵抗力が弱っている状態で、塩や薬の負担に耐え切れないことがあります。

なので、塩浴や薬浴など、対処の仕方は、その時のメダカの状態により変えていきましょう。

めだかっ娘のおススメあら塩

グリーンFゴールド

メダカの病気ポップアイ【まとめ】

かわいがっているメダカの目が、ある日突然飛び出していたら...

驚きますよね。

ポップアイの原因や対処方法をまとめてみましたが、めだかっ娘はドクターではないので、確実に完治しますとは言い切れないのが現状です。

メダカたちにかわいそうな思いをさせないためにも、日々の水質管理は重要です。

水換えの際には、個体の状態もこまめにチェックしてみてください。

1匹が発症していたら、他の個体も前兆が現れていることもあります。

健康なメダカたちと楽しいメダカ生活を送ってくださいね。